1日の記録です。

今日から本格的に新職場での勤務が始まった。

退職して、新たに再雇用という形でのスタート。

週にわずか3日の勤務になるんだけど、ということは4日間も休みかぁ・・・。

何だか、身体がなまっちゃいそうだなぁ。

さて、映画鑑賞の記録を続けていこう。

今回は3月21日に鑑賞した映画、「不能犯」である。

「不能犯」というのは、思い込みやマインドコントロールでターゲットを殺害してしまうというもの。

目撃情報として黒い服の男が・・って、でも証拠が全くないので罪を問うことが出来ないんだよね。

その殺害する相手が、どうにも悪人ばかり。

つまり、この主人公は悪役だけど善人でもあるんだよね。

殺害のバリエーションも豊富にあって、なかなか面白かった。

見ていて、なぜか「必殺仕事人」を思い出した。

それにしても松坂桃李、良い味出してた。

こういう演技も出来るんだ。

<作品情報>

2018年製作  2018年公開

監督  白石晃士

出演  松坂桃李  沢尻エリカ  新田真剣佑  間宮祥太朗  テット・ワダ



映画レビューランキング